タラバガニの注文方法|タイミングと選び方

料理

豊富な料理

様々な料理を楽しむことが出来るケータリングは、人の好みによってメニューを注文することが出来ます。和食や洋食、中華やイタリアンなど選ぶことが出来る他にも女性に嬉しいデザートなども多数用意されています。

生とボイルの違い

蟹

タラバガニの食べ方には、いくつも選択肢があります。そのまま食べてもおいしいですが、鍋やしゃぶしゃぶなど、旬の冬の時期にピッタリな料理にして食べると、より一層楽しめます。
タラバガニを注文するなら、旬の12月頃に注文しましょう。最近は養殖のカニが一年中手に入るようになりましたが、人口の生け簀で育てられたカニは十分に餌が与えられず、見た目は大きくても中身がスカスカという場合もあります。また、旬の時期を外れてしまうと脱皮直後のカニなど身の詰まっていないカニが届くこともあるので、旬の時期に水揚げされたカニを注文しましょう。
タラバガニは新鮮であるほど良いのは言うまでもありませんが、生タラバかボイルタラバかでいうと、必ずしも生が良いとは限りません。生といっても刺身で食べられるような新鮮なタラバガニではないので、茹でるなどの手を加える必要があります。解凍すればそのまま調理できるボイルタラバなら手間が掛からないので、注文するならボイルタラバがおすすめです。一匹丸ごと注文することもできますが、可能であればパーツで分かれているものを選びましょう。タラバガニは一度解凍して再度冷凍すると、大幅にうまみが損なわれてしまいます。一度にまとめて解凍することはできないので、解凍しやすくパーツで分かれているタラバガニを注文しましょう。
タラバガニを生で食べたい場合は、産地で直接買うか、専門店に行くしかありません。タラバガニは時間がたつとうま味が損なわれ、食中毒菌が発生しやすくなります。もしも運よく自宅で生タラバガニが手に入ったら、早めに食べてしまいましょう。


PCとハンバーガー

満足出来る

ケータリングと聞くと、あまり良いイメージを持っていない人が多く、そのため利用したことが無い人も多数存在します。しかし、ケータリングはプロの料理人が作っている場所も多いため美味しい料理を堪能することが出来ます。

料理

目的に合わせて活用

ケータリングは、食事をデリバリーするだけではなくパーティーなどを開催する際に必要となるセッティングも行なってくれるため準備する手間を省くことが出来るため大変便利といえます。